いろんな犬種

フレンチブルドッグはどんな犬?気になる性格や飼い方をご紹介。

フレンチブルドッグ画像

フレンチブルドッグの性格や飼育方法など、フレンチブルドッグに関する情報をご紹介します!

  • 基本情報
  • 性格
  • 大きさ
  • 毛色の種類
  • 食事について
  • お手入れについて
  • しつけについて
  • トリミングについて
  • 運動について
  • かかりやすい病気
  • 平均寿命

フレンチブルドッグの基本情報

フレンチブルドッグ画像
犬種フレンチブルドッグ
英語名FRENCH BULLDOG
原産国フランス
サイズ小型犬
グループコンパニオン、番犬

フレンチブルドッグの性格

  • 活発で好奇心旺盛
  • 社交的
  • さみしがりやで甘えん坊

フレンチブルドッグは人肌が大好きで、飼い主に寄り添ったり、なでてあげるととても喜びます。

フレンチブルドッグの大きさ

フレンチブルドッグは、鼻が短い短頭種で、頭が大きく筋肉質でがっちりした体系をしています。

種類フレンチブルドッグ
体高24~35cm
体重8~14kg

毛色の種類

フレンチブルドッグの毛色は大きく分け4種類あります。

  • フォーン
  • パイド
  • ブリンドル
  • クリーム

食事について

フレンチブルドッグは、とても食欲旺盛です。

徹底した食事管理をしないとすぐに太ってしまいます。

食事量は体重から計算する方法もありますが、ドッグフードの裏面に記載されている量をあげるようにします。

フレンチブルドッグには「犬心」がおすすめです。

「犬心」は、臨床栄養により、併発しやすい7疾患に全て対応。
さらに、単なる栄養の合成物ではなく、自然原料・手作り製法で仕上げています。

臨床栄養 + 人も食べられる”自然のチカラ”

「食いつきチェックの「無料サンプル」お試しサービス」

詳しくは「犬心公式サイト」をご確認ください。

犬心の詳細・購入ページ

お手入れについて

フレンチブルドッグの肌はとてもデリケートなので、顔のシワが多い部分はこまめに拭いてあげることが大事です。

自分できない部分はプロにまかせるのがいいです。

  • 肛門腺絞り
  • 爪切り
  • 歯磨き
  • 耳掃除
  • 目のお掃除
  • ブラッシング
  • シャンプー

日々ケアすることで、スキンシップや体調管理をすることができます。

いつもと様子が違ったら、早めに動物病院やかかりつけの獣医師に見せるようにしましょう。

トリミングについて

フレンチブルドックは、短毛のためトリミングは必要ないと思われがちですが、抜け毛が多いのでこまめなブラッシングや、月2回くらいのシャンプーをしましょう。

運動について

フレンチブルドッグは、のど周辺の期間が狭く、関節も弱いので長時間の散歩は避けましょう。

1日の散歩量も数回10分くらいの散歩をさせ、適度に運動させましょう。

  • 散歩=運動量と勘違いしない
  • 一緒に散歩し季節を体感してあげる
  • 地面を歩かせるとき、関節や肉球がケガしないように注意

かかりやすい病気

フレンチブルドッグは、鼻から気管の入口である喉頭にかけての気道が狭いという生まれつきの身体的特徴があります。「いつもと様子がちがう」と感じたときは、早めに動物病院やかかりつけの獣医師に見せましょう。

  • 短頭種気道症候群
  • 皮膚疾患
  • 椎間板ヘルニア
  • 外耳炎

平均寿命

フレンチブルドッグの平均寿命は、10歳~14歳前後と言われております。

もちろん、健康なフレンチブルドッグは長生き傾向にあることは間違いありません。

テキストのコピーはできません。