いろんな犬種

ヨークシャテリアはどんな犬?気になる性格や飼い方をご紹介。

ヨークシャテリア画像

ヨークシャテリアの性格や飼育方法など、ヨークシャテリアに関する情報をご紹介します!

  • 基本情報
  • 性格
  • 大きさ
  • 毛色の種類
  • 食事について
  • お手入れについて
  • しつけについて
  • トリミングについて
  • 運動について
  • かかりやすい病気
  • 平均寿命

ヨークシャテリアの基本情報

ヨークシャテリア画像
犬種ヨークシャテリア
英語名YORKSHIRE TERRIER
原産国イギリス
サイズ小型犬
グループコンパニオン・ドッグ

ヨークシャテリアの性格

  • 用心深く賢い
  • 頑固な面もあるが甘えん坊
  • 好奇心旺盛で勇敢

一般的には、オスが甘えん坊、メスが社交的ともいわれています。

ヨークシャテリアの大きさ

体高18~23cm
体重2.~3㎏以下

ヨークシャーテリアは、被毛が長くふんわりして見えますが大きめのチワワと体重や大きさはほとんど変わりません。

最近では極小サイズなどもいて人気があります。

毛色の種類

  • ダークスチールブルー&タン

この一種類のみがスタンダードな毛色としてJKC(ジャパンケネルクラブ)に認められています。

さらにこの毛色が認められるには細かい規定もあります。

  • 頭部や胸部は光沢のあるタンでなくてはならない
  • 肩甲骨の辺りから尻尾の付け根の辺りまでは、ダークスチールブルーでなくてはらない
  • ダークスチールブルーの中に、黒に近い色や茶色などの色が混ざってならない

この条件に満たないと公式で認められていない色になります。

食事について

伸び続ける被毛をキープする成分を含むオイルフードや、関節の健康維持に役立つグルコサミン・コンデロイチン入りを選ぶのがおすすめです。

体調不良の原因にもなりかねない、化学的添加物が控えめのものかローズマリー抽出物などの天然成分を使っているフードがいいでしょう。

食事量は体重から計算する方法もありますが、ドッグフードの裏面に記載されている量をあげるようにします。

マルチーズには「犬心」がおすすめです。

「犬心」は、臨床栄養により、併発しやすい7疾患に全て対応。
さらに、単なる栄養の合成物ではなく、自然原料・手作り製法で仕上げています。

臨床栄養 + 人も食べられる”自然のチカラ”

「食いつきチェックの「無料サンプル」お試しサービス」

詳しくは「犬心公式サイト」をご確認ください。

犬心の詳細・購入ページ

お手入れについて

ヨークシャテリアは、被毛の状態を保つように毎日ブラッシングしないと、毛が絡まり毛玉になってしまったり、湿気がこもって皮膚炎につながることもあります。

自分できない部分はプロにまかせるのがいいです。

  • 肛門腺絞り
  • 爪切り
  • 歯磨き
  • 耳掃除
  • 目のお掃除
  • ブラッシング
  • シャンプー

日々ケアすることで、スキンシップや体調管理をすることができます。

いつもと様子が違ったら、早めに動物病院やかかりつけの獣医師に見せるようにしましょう。

トリミングについて

特有のシルキーな被毛は、手入れをすればするほど美しく輝きます。

特有の被毛を保つためにも定期的なトリミングやブラッシングが必要です。

ヨークシャテリアのカットの種類

  • ショートスタイル
  • ミディアムスタイル
  • ロングスタイル(フルコート)

などがあり、ヨークシャテリアの特徴ある被毛を活かし様々なカットを楽しむことができます。

運動について

ヨークシャテリアは体が小さく室内で飼うことが多く、犬用のおもちゃで遊ぶだけでも十分ですが、ストレス解消で1日2回30分程度散歩に行くのもいいでしょう。

  • 散歩=運動量と勘違いしない
  • 一緒に散歩し季節を体感してあげる
  • 地面を歩かせるとき、関節や肉球がケガしないように注意

かかりやすい病気

ヨークシャテリアは、純血種ゆえに遺伝性疾患があります。「いつもと様子がちがう」と感じたときは、早めに動物病院やかかりつけの獣医師に見せましょう。

  • 気管虚脱
  • 膝蓋骨脱臼
  • 水頭症
  • 低血糖

平均寿命

マルチーズの平均寿命は、14歳~16歳前後と言われております。

もちろん、健康なヨークシャテリアは長生き傾向にあることは間違いありません。

テキストのコピーはできません。